最近流行のシグナル受信&EA自動売買のRent a Signa でシグナルプロバイダーにチャレンジしてます
     
自動売買EAレンタルサイト ☆Rent A Signal☆



Rent A Signal(RAS)は、最近流行のシグナルを受信してEAで自動売買することが 出来るサイト。

月ぎめの料金が課金されるもの、無料で利用できるものなどシグナル種類も豊富。 また7日間のお試し期間が設定されているものもあります。

英語サイトですが、日本語ページも最近出来ました(ちょっと日本語がヘンなのは ご愛嬌!?)。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by つばさ
 
[スポンサー広告
FRB、債券発行を検討 米紙報道、実現性は不透明
米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は10日、米連邦準備理事会(FRB)が債券発行による資金調達を検討していると報じた。金融危機の深刻化に備え、自らが債券を発行できるようにして、市場に潤沢な資金を機動的に供給できるようにするのが狙い。実現すれば初めてという。

 同紙によると、すでに議会関係者に打診したもよう。ただFRBの業務を定めた連邦準備法は、FRBが通貨に加えて債券発行の権限を持つとは明確に定めていない。今回は予備的協議で、実現性は不透明だという。

 政府の債券発行は基本的には財務省の管轄事項。構想が実現してもFRBが巨額債務を背負うことになり、中央銀行の健全性や独立性への懸念が高まりかねず、ドルの信認も低下しかねない。

びっくりまたドル刷っちゃうの??ドルの価値はいくらになるんだろうかぁ~?


↓私のランキングもエマージェンシ下落です><応援お願いします☆ぺこり
にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ
スポンサーサイト
Posted by つばさ
  trackback:0
[ニュース
経営破綻の可能性ある「問題銀行」、全米で171も
米連邦預金保険公社(FDIC)は25日、経営破綻(はたん)の可能性もある「問題銀行」が全米で171あると発表した。
 約8400の米商業銀行と貯蓄金融機関の2008年7~9月期の決算状況を分析した結果としている。
 直前の4~6月期の決算分析では117行と公表しており、3か月間で約1・5倍に増えたことになる。1995年10~12月期以来、約13年ぶりの高い水準だ。問題銀行の名前は公表していない。
 FDICによると、08年7~9月期の不良債権処理費用の合計は、前年同期の約3倍にあたる約505億ドル(約4兆8000億円)に達した。純利益の合計は約17億ドルにとどまり、前年同期のわずか6%に落ち込んだ。

元記事→http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20081126-OYT1T00300.htm
アメリカの懐具合がマジで心配ですぴかちゅ輪転機を24時間回し続けてもおいつけなかったりして!?

Posted by つばさ
  trackback:0
[ニュース
プラチナ大暴落で半値 「いまが買い」と個人が殺到
プラチナの価格が急落し、2008年3月に付けた7500円台から半値にまで下がっている。田中貴金属工業によると、11月14日のプラチナの小売価格は1グラムあたり2907円。前日比197円高と反発したが、直近1か月では10月28日に2599円の最安値を付けた以降も3000円を境にうろついている。その一方で、プラチナに対する投資需要は急激な盛り上がりをみせる。同社が10月に、個人向けに販売したプラチナ地金の販売量は過去最高を記録。個人が「買い」に殺到した。

■1グラム7000円台が3000円台

 10月のプラチナの平均価格は1グラム3058円。月間の平均価格が3000円台になったのは2005年以来という。プラチナ価格の推移は、01年ごろから上昇し続け、08年1月から9月までの9か月間の平均価格は6251円。とくに3月には1976年以来となる最高値7589円を記録した。

 それがいま、半値にまで大暴落した。値上がりの背景にあった原油をはじめとした資源価格の高騰や自動車触媒としての需要増が、9月の「リーマン・ショック」以降の金融危機で一転。自動車販売の減少に象徴される世界的な景気後退の余波がプラチナ価格にも及んだ。
■10月の販売量は過去最高

 プラチナ投資が盛況なのは、株式や債券などの相場が混乱し、行き場を失った投資マネーが流れてきたこともあるが、何と言っても価格の下落。6月以降の平均価格で、毎月1000円ずつ下落していて、「これほど激しく、一気に落ちたことはなかった」(田中貴金属工業)と話す。

 「以前に比べて、いろいろな人がプラチナに興味をもっているようで、相場を気にしている」とし、相場の動きをアップしている同社のホームページへのアクセスも増えているようだ。投資家の価格への感度も高まっている。

 田中貴金属工業が11月12日に発表した10月の投資用プラチナ地金の販売量によると、10月の販売量(2001年1月=100とする指数)は2412で、わずか1か月間で07年の年間販売量の1.3倍を上回った。9月と比べて3.2倍増え、前年同月比ではなんと17.6倍にも膨らんだ。

 1グラム3000円台にまで下がったことで、価格の上昇を期待した人が「いまが買いのチャンス」と、同社の直営店「GINZA TANAKA」にも列をつくっている。

元記事→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081115-00000000-jct-bus_all

ほぉぇぇ~~jumee☆surprise11

原油も金もさがっているなぁ、と思ってたけどプラチナも下がっているようです。コモデティが崩れると、やっぱり資源国のオージーとかカナダもさがりそうかな~~~?

田中貴金属とか混んでいるみたいだねっ。私も金の延べ棒が欲しいなぁ・・・。
Posted by つばさ
comment:0   trackback:0
[ニュース
ロンドン市場 ドル円 97円割れには準政府系の買い観測も
ドル円は97円台前半での値動きが続いている。東京時間に一時97円を割り込む場面も見られたが、サポートされている。96円台に入ると大口の買いオーダーが控えているようだ。日本の準政府系の買い観測もでている。

元記事→ http://www.gci-klug.jp/fxnews/detail.php?id=23547

準政府系なんてあるんだっえっ
ってことは、この水準でロングいれてちょっとスキャルとかもあり?でも、いつまで続くのかなぁ・・・。
Posted by つばさ
comment:0   trackback:0
[ニュース
英ポンドがドルに対し6年ぶり安値
ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)12日の外国為替市場では、英中銀イングランド銀行の英経済に関する冷静な評価を受け、英ポンドがドルに対して6年ぶり安値を付けて市場の注目を集めた。

 イングランド銀行のキング総裁は、英国はすでに景気後退(リセッション)入りししているだろうと述べ、先週の金融政策委員会(MPC)で政策金利を1.50%引き下げて3.00%としたものの、追加利下げの可能性を示唆した。

 英ポンドは幅広く下落し、2002年以来はじめて1.5000ドルを割り込んで、1.4896ドルまで下値を広げた。一方ユーロは、導入以来の高値となる0.8412英ポンドまで上昇した。

 キング総裁は英ポンドの弱さにも言及し、ポンドの下落は驚きではないと語った。ただ、大幅な英ポンド安が進行し、インフレの上振れ圧力が生じた場合には懸念になると付け加えた。

 現在の環境下では、投資家が英ポンド買いに向かう動意は少ないとアナリストらは指摘し、キング総裁の意思にかかわらず、英ポンドが急落する可能性もあると警告した。

 「1.4000ドル割れという大幅下落の可能性を排除してはならない」と、コモンウェルス銀行のチーフストラテジスト、ディビアン・シャー氏は語った。

 12日の外為市場では、円が大きく上値を伸ばした。米株式市場が続落し、リスク志向が後退したことを背景に、円はユーロとドルに対して今月の高値をつけた。ダウ工業株30種平均は、前日比400ドル以上も下げた。

 リスク回避傾向が強まったため、(低金利の)円を借り入れて形成した高金利通貨の持ち高を為替投資家が解消したことから、円は上昇した。

 ドルは、10月28日以来の安値となる94円48銭まで下落し、ユーロも、10月28日以来の安値118円10銭まで下値を広げた。

 リスク回避を背景に、世界の主要準備通貨だとの理由から一部の為替投資家がドルを買い進めたため、ドルはユーロに対しては続伸した。ユーロは一時、10月下旬以来となる1.2466ドルまで落ち込んだ。

 原油価格の下落も手掛かりとなった。12日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)では原油先物価格が3ドル17セント安の1バレル=56ドル16セントとなったが、これは投資家が商品の持ち高を解消し、将来的な損失を回避するために資金をドルに戻しているということを示唆している。

 NY市場終値 12日16時50分 (11日16時50分)
 ドル 94円95-00銭 (97円68-72銭)
 ユーロ 1.2504-07ドル (1.2526-31ドル)
 英ポンド 1.4957-64ドル (1.5379-84ドル)
 スイスフラン 1.1865-69フラン (1.1873-78フラン)
 ユーロ 118円76-81銭 (122円36-40銭)
 豪ドル 60円69-79銭 (64円18-28銭)
   英ポンド 142円03-15銭 (150円21-33銭)
 カナダドル 76円84-91銭 (80円96-03銭)
 NZドル 52円99-50銭 (55円86-07銭)


ニュース元→ http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/media/djCMM4561.html
Posted by つばさ
comment:0   trackback:0
[ニュース
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。